スプレッドシートでダイエット記録を作ろう!【超初心者向け】

スプレッドシートでダイエット記録を作ろう!【超初心者向け】
この記事は約4分で読めます

こんにちは、すけです。

みなさんは、Googleのスプレッドシートをご存知でしょうか。
スプレッドシートは、Googleが開発した表計算ソフトです(エクセルと言えばわかりやすいと思います)。
スプレッドシートはGmailのアカウントがあればどなたでも使うことができます。しかもクラウドサービスであるため、Googleのアカウントでログインさえすればどこでも使用することができます(iPhone、iPadでももちろん使用できます)。

最近、私はウォーキングダイエットを始めましたので、ダイエットの記録を作ることを例として、スプレッドシートの活用法を全くの初心者の方でもわかるように説明します。もしダイエットを始める方がおりましたら、参考にダイエット記録を作成してみてはいかがでしょうか。

スプレッドシートの新規作成

まずは新しいスプレッドシートを作成しましょう。

Gmailにログインし、右上のアイコンをクリックし、”ドライブ”を選択します。

ドライブでは、フォルダを作成することができますので、今回は”test”というフォルダを作成してみます。
画面を右クリックし、”新しいフォルダ”を選択します。フォルダ名に”test”と入力し、作成ボタンをクリックします(フォルダ名はご自由にどうぞ)。
するとフォルダが作成されますので、フォルダをクリックして中に移動しましょう。

スプレッドシートは左側にある”新規”をクリックし、”スプレッドシート”を選択します。するとエクセルのような画面が表示されます。何か変更を加えれば、勝手に保存してくれます。

データを入力する

では実際にダイエット記録を作成して行きます。完成イメージは図のとおりです。リンクも貼っておきますので、コピーするなり、ご自由にお使いください。

スプレッドシートファイルの名前は、画面左上で変更できます。

あとは基本的にはWindowsのExcelと似ています。
文字の色、背景色、文字の中央寄せの方法は、下記の画像をご参照ください。文字を太字にするには、Ctrl+Bでできます。

日付は下記の画像のようにドラッグ&ドロップするだけで連続で一気にデータ入力できます。

棒グラフを作成する

今回は日付と体重の棒グラフを作成したいので、A列とB列をクリックした後に、グラフのアイコンをクリックします。
グラフの移動は、グラフをクリックしてドラッグ&ドロップで、グラフの端をドラック&ドロップすれば大きさの変更もできます。

あとは微調整します。
縦軸の範囲が狭いので、最小値を75(kg)にし、棒グラフが見やすいように丸プロットに変更しました。

最後に

初心者の方にもわかりやすいように詳細に説明してみましたが、いかがでしたでしょうか。
エクセルを使用したことのある方であれば、簡単にスプレッドシートも使えると思います。

Googleドライブには、GoogleドキュメントというWordに似たものもあります。共有設定すれば、複数人で同時にファイルの編集ができるため非常に便利ですよ!